6年間の屋外展示に耐え忍んだ木製バス。
雨上がりでエイジングが誇張されて良い味です。

宇部入りのついでに、傾いたサンルーフ(なのか?)の修理作業。
乾燥すると、じつは塗装が剥がれただけでたいして痛んでいないのです。
まだしばらくは、この場所に停車したままいけるでしょう。