Wooden wheels

 夏のコウサク室、第10話。
 クルマ(自動車)を作るつもりが、
 クルマ(車輪)にいきつきました。
 まずは昨年も作った古タイヤ。あの時は怨念を込めすぎて、どっかで拾ってきたホンモノみたいに上手にできてしまい、木製なんですよ〜わざわざ作ったんですよ〜と、いらん説明をつけなければならないメンドウなモノとなりました。
 ということで、同じ作り方で、もっと味のある(雑なだけ)ナチュラルエコ(無塗装ってだけ)な仕上げで再チャレンジ。 丸く切った薄ベニヤを重ねてタッカー(でかホッチキス)で止めただけのものです。な〜んだ地道に木を彫ったんじゃないのか〜手抜きねって感じですが、それらしく見せるには?ってことで懸命に考えたすえの工法です。
 コンナでも真っ黒に塗って写真に収めれば、ゴム製のホンモノに見えるもんなんですな。
つづきは

“Wooden wheels” の続きを読む

Iron wood

 前回の話にもでてきたポルシェ。切りだして削りだしました。
 美しいシルエット。。。でてますかね?背中のあたりだけ、、、
 コレは結構イイんでナイ?
 しばらく前に固〜い木を切ったあと、さらに固そーな木がでてきたので同じように切ってみました。その名も”アイアンウッド”訳せば鉄の木。ビビリながらも切り始めたら、前のほど固くはナイ。
 この木は重くて水に浮かばない木、ということで名が通っているようですが、浮かばないのはあたりまえ、なんと糸ノコで切削中にでてくる木屑(木紛)が!
 ボタボタと下に落ちていくではありませんか。ボタ雪のように。。。
 ふつうの木ならボンワ〜ンと空中に舞って煙のように充満し、マスクをしてないとくしゃみが止まらなくなるんですが、コイツは違う。降っては降ってはずんずん積もる。
 切り刻んでも重さがしっかり感じられるので、小さくても金属製ミニカーのような重量感。
 コレは結構イイんでナイ?
つづきは

“Iron wood” の続きを読む

Mercedes benz

 I’d like to do a song of great social and political import.It’s goes like this….
 Oh Lord won’t you buy me A Mercedes Benz_(つづりあってるかな?)
 クルマの大様といえばベンツ。メルセデスと呼んだほうがちょっとコダワリ派ヨってのをアピールできますね。
 前出の分かってる風、丸ごとコピペ英語は、ジャニス・ジョプリンの曲”Mercedes benz”
 「オ〜ロ〜ウォンチュバーミィーアメロースィーディースベェーエーン」ってヤツね。
 お〜メルセデスベンツはメロースィーディースベェーエーンなんだな、やっぱジャニスすげ〜な〜!と意味なく発音に感心したのはワタクシだけではないはずです。 で、メルセデス。好き嫌いの好みはパックリ分かれるところでしょうが、やはりクルマ界のトップなのでしょうね。好き嫌いの好みはパックリ分かれるところでしょうが、、、
つづきは

“Mercedes benz” の続きを読む