Price card

“杉並区文化協会のブログ”に掲載していただきました!しかも値段付きで!
「高っか〜」
という、不評のご意見を多数多数、ホントに多くいただきました。ありがとうございます。予想通りナンですが、ナンデこのたび値札を付けたのかと申しますと、実際、「で、コレ売るの?で、コレいくら?」というのが正直、正直な方のご意見だと思います。だって知りたいよね?
先日、展示ギャラリーの横にあるホールを取材しにNHKのカメラが来てて、ぽっちゃりしたディレクター?らしきおねいさんが、ワタクシの作品横に立ち、指で3、丸、「万円だって〜!うっへぇ〜!」ってカメラマンさんに向かってやってました。(笑)
ワタクシとの距離1メートル。ちょっとロビーは混雑してましたからね〜。まさか作品の横でボ〜と座ってペットボトルのお茶飲んでるオッサンが作者だとは思うめぇ〜。
でも、ヒゲのカメラマンさんはニコやかに、う〜んそんなもんかも?って顔してました。よっお目が高い!(ワタクシが勝手にそう解釈しただけだけども)

“Price card” の続きを読む

Needlework

裂傷(キリキズ)が深かったり大きかったりしたとき、
「ナンハリぬった?」とかよく聞きますよね?
例1
「グ〜!」ってなってるこの親指。パッと見4針。
でも、ウラ側の爪のトコまで裂けてるので正解は5針。
コレは痛かった。指モゲるかと思った。
写真データには2006年5月ってなってますね。今じゃないよ。
電動ノコでズバッとヤッちゃって、ドバッと血が出たとき、
完全にクラクラっと腰が抜け、倒れそうになりましたね。
でも知人が居たので、平気なそぶりでグッと傷口を押さえて、近所の心療内科に、、、なんで心療内科って?キモチがグラグラだったの、、、は関係なくて、家から一番近い病院で、ナゼか診療科目に外科とある?
真っ赤っかになってますが、血じゃないよ。懐かしき赤チンです。アレ?確か水銀入ってんじゃね?生産中止じゃね?もう売って無くね?昔から好きだったからイイけど、、、というのはまぁイイとして。

“Needlework” の続きを読む

Oita Asian sculpture exhibition

前回の話のつづきになります。なんで、わざわざ“フォトブック”なんて作ってみたのかという動機は、プリントアウト作業が面倒ということ以外に決定打があったのです。
フォトブック最後のページ小さすぎて見えない?じゃ、展覧会会場のカウンターに置いてあるから見に来て!でも事前に連絡くださいね。展覧会なんて作家本人に会いに行くってのが八割り以上の目的なんだから、作品なんてチョロリ見で終わりなんだから、、、
とはいえ常駐してるのは不可能だし、すれ違いでお会い出来なかった方も増えてきております。さらに、ご一報をいただいたんだけども駆けつけられない時もありまして、なんともつかみ所の無い個展で申し訳ないです。
会期も残り二週を切りました。週末だけは可能な限り駆けつけます。平日なんかでも一応連絡を入れてみてくださいね。でも、コノ陽気、、、夕方涼しくなってからのご来場をオススメしますよ。会場はクーラーガンガンだけども気温差に目がくらむ〜。
で、決定打の話。

“Oita Asian sculpture exhibition” の続きを読む