Cabin fever

今年の春に取材の合間に撮っていただいた写真。
題して「ボクと作業小屋」…見たまんま。撮影:本城直季さん

ご自由に使って下さい、と撮影後にご本人からメールが送られてきて…太っ腹なプレゼント。春にサンタがやってきたようでした。素晴らしいご褒美に感謝感激。感動をありがとう。本当にイイのか?なんて思いながらも、今年ももうすぐ終わるのでちょろりと自慢がてらにココで発表。来年は大きく引き延ばしたいモノです。顔がボケてくれているのがとてもイイ!一生モノ。

撮影場所となった突貫工事仕上げの我が作業小屋。五年前、自転車置き場をクルリと囲んだままではあまりに寒いので、コンパネで床を作り、その辺にあった材料と格安2×4材で建てました。工事期間2〜3日。必要に迫られ、追い込まれ、、、

“Cabin fever” の続きを読む

Rabbit carving

昨年の今頃のこと、
「来年はウサギ年だからウサギさん作品で展示会どうでしょう?」せっかくウサギ飼ってることだしボク…ってとある先輩に提案してみたら「ダメ、やめときー、安易すぎ、ほか考えた方がよいよ!」と一蹴。思いつきで生きてるくせにしつこい性格なため、アラそうよね、とすぐには引き下がれないボク。考え込んでもたいした事は思いつかないから、まずは手を動かして数打ちゃ…どうでしょう?先週愛用のデジカメが壊れました。といっても一眼レフじゃないよ。でも数年前は数万円もした。修理したいのはヤマヤマだけど費用は一万円以上かかるようで…現在の同等品は一万円台で買えるようで…なんだかな〜。それは言い訳だけど、写真がますます手抜きになって下準備抜き、とんでもない色調になってきてます。(さわやか朝日が入る下で電球とか、西日が射す中での蛍光灯昼光色

ブルーとオレンジが錯綜するハレンチなカラーリングが補正できないので、最近はモノクロームでごまかして…どうでしょう?ダメ?安易すぎ?

“Rabbit carving” の続きを読む

Concrete hammer

「ハツル」ってご存知?「コンクリートのハツリに!」とかよく言いますよね?あれっ言わない?ボクの周りだけ?とにかくハツラないといけなくなって、いや、ハツラざるをえなくなって、いや、ハツラないではいられない、もう辛抱ならん、やってられるか!やるなら今よ、もう粉々にやっちゃって。という気分がモリモリ湧いてきわけです。あれは十年ちょっと前、車用油圧ジャッキを駆使して持ち上げ、並べた丸太の上の特厚ベニアに載せ、ゴロリ、丸太を移動、またゴロリ…と太古の昔の土木作業のごとく、ちょっとずつ移動したコンクリ塊階段。邪魔だけどもう二度と移設する気力がない。

夏に作ったコンクリタイヤが一個80kgだったとすると、かるく(重く?)倍はあると思われます。何やっても全くビクともしない。コイツさえ無ければと何度思ったことか、コイツめ、コイツめ〜と青春(壮春?)のやるせなさをこの際(どの際?)にぶつけることにしてみました。このまま動かすのはもう無理なので、ちょっとずつ崩す、そうです「ハツリ」はじめたのでした。

漢字で書くと何のことはない「削る」だそうですよ。これじゃ「ケズル」じゃないか!違うだろ「ハツル」ってのは。タガネとハンマーで、コンクリートを割り、砕くのだよ「ハツル」ってのは。そういうもんなんだよ!なんて怒りと気合いでカンカンカンカン半日やって…
ネズミが齧ったくらい?ハツレたというより、ちょっとケズレた…ボクの腰抜け怒りパワーは数時間であっけなく砕け散ったのでした。これまでならばここで諦めていたかも、、、

“Concrete hammer” の続きを読む