Wriggle work

ウネウネと波打つ形の案件。

ウネウネと波打つ形のCGをみせていただき、実際にウネウネしたものを木で作るとしたらどうすればいいのか、というご相談で実物大サンプルを作りました。

太さの違う3本の線がウネるという以外は一任され、収集つかなくなるから厚みと幅は変化させないという基準を決め、まずは発泡材で試作。

実物は店舗の階段室をウネウネしながら階上に上がっていく、という職人泣かせの造作です。「マイツキさんで作れないの」との打診には速攻泣きを入れ、凄腕の職人さんにすべてを託します。
正面から見ると平行に並んでるけど横から見ると結構ウネってます。
2017/02/28

Contour of mountains

等高線に沿って切り取って積んでいくと山ができます。
模型屋(地形屋?)さんはコンター積む、っていいます。
コンター積むなんて12年ぶり。
好きな作業だけど四畳半の大きさで1300m分も積まなければならないので、サンプルを作って検討中です。
どうなることか、、、

1277って数字があるってことは標高1277m。真ん中あたりの太線1100m。
標高10mごとに線が引いてあって、50mごとに太線。

20mごとに積むとこんな感じで、

10mごとに積むとこうなる。どっちもいいな。高低差300m。コンター好きだわ〜。

2017/02/22