◯◯mountain

う〜ん、ナニかに使えそう!などと前々回つづった石膏塊。
ま〜た、おんなじようなのが出来てしまいました。前のはダチョウの卵くらいでしたが今度のは直径約六十センチ。これはコレで意味わかんナイ彫刻作品の模型みたいですが、意味はナイけど理由(ワケ)があるんです。
なんと!今回は、理由(ワケ)ある上にオシゴトなのです。依頼品なのです。
お〜!とうとう意味ナイ作業が実益につながったのか〜?と思わせておいて、、、
コレはウラ側、反対側が必要部分。コレは意味ナイ部分。
 見えないところにこだわッた!のではなく
 見えないところはこうなった!だけでした。
つづきは


◯◯ヤマデザインストアさまからのご依頼で、子供が一生懸命キレイにしようとガンバって作った砂山みたいなヤマ!ってのを制作することになりました。
大きさと高さがだいたい決まっておりまして、頂上がトンガってるのではなく丸っこい感じでボコボコしてるヤマ。キレイな仕上げでなくて構わない、ホントに子供が作った感じ、、、とのこと。
う〜ん今回のヤマ、簡単そうで、難しい?イヤ、ちっとも難しくナイ?
とりあえずのお約束、時間がナイので、まずはだいたいの大きさだけ先に削っちゃいましょう。ってことで、発泡ウレタン材で芯を作りました。ウネウネは表面仕上げ材がしっかり食いつくようにとの思いでつけたのですが、これはコレでナンかイイ感じ、ナニかに、、、また言ってるし。
先ほどの写真はコレのウラ側ってことでした(わざわざ白く塗ってるし)。材料がもったいないのでくり抜いたものを上乗せしていったのでアンナ風になったワケですね。
で、さて、問題の表面子供仕上げは???ヤラセのホンモノ子供仕上げ!
子供仕上げは子供にヤラセると仕上がらない!まったく、、、言うこと聞いてくれない職人さん相手の現場監督状態。
 で、さて、コンナんでヨカッタのか???
有名な方の撮影用小道具とのことでしたが、マズかったか、、、ヨカッタよ〜とは言っていただけましたが、めずらしく作業を他人(子供)まかせにしたのでココロにシコリが残ってシマッタ。
 後はフォトショップ仕上げでお願いいたします。スミマセ〜ン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA