Cherry blossoms

展覧会最終回は、桜の木。ちょっと広さのある公園にはだいたい植えられてますネ。
マイトシ咲き誇るサクラって理屈抜きでスゴイわーっ!とオッサンになればなるほど関心します。100年に一度といわれる、この大不景気。
それでもサクラは咲くんでしょうネ〜暖冬だったから咲きはイマイチかネ〜
ふんばりましょ〜
ではまた〜

camel

其の参 ラクダ。
えっなんでいきなり動物?
ってコレはよく公園にあるコンクリート製のどうぶつ遊具です。
あ〜アレか〜って感じでしょ!
そうです!アレです。アレ!カバとかキリンとか、タダまたぐ専用のアレです。
ラクダがあればラクダ公園。カバならカバ公園。シンボルですな。
残念ながらウチの近所にあるラクダさん公園は芝生が敷かれたので、シバフ公園と呼んでしまってますが、、、
実物はカタチがぬるりーんと崩れがちですが、せっかくコンクリ詰めにするなら
このぐらいカッコイイ造形にしろよ〜って生意気な心意気で作りました。
コレを原型にして実際にコンクリ詰めを型取ろうと思いましたが、思いのほか合板の断面が美しく出たので、このままを展示しました。

slide

其の弐 滑り台。かなり古いカタチのですね。ベーシックで美しい。。。
ちょっと見て回っただけでも色々バリエーションがありましたが、この四本脚のスタイルが気に入りました。ウチの近所の公園にあるからなのか。。。

seesaw

展覧会情報、今回で終わりと思ったら、まだ4個も残ってた!
文章を打つ気力が続かないので、四連発でカタをつけます。
まずは其の壱
行ったり来たりのシーソーです。ウォールナット材削り節の中にまみれて、なんともせつない枯葉のイメージ。

Concrete foundation

まだあったのか展覧会シリーズ!完全に飽きたので次回で終わりにします。そういえばコレ、欲しい!とか、買う!とか引き合いが一番多かった一品です。
多いっていっても五人くらいですが。。。イメージは公園にある普通の街灯です。
変に凝ったのも沢山存在しておりますが、気になんないほど普通のヤツ、何種類かあるけどどれも取り立てて取り柄のない感じなヤツ、あれよく見ると美しいじゃないかってことで作ってみました。
つづきは

“Concrete foundation” の続きを読む