We can find peace of mind and save ourselves.

災害と美術。
後の後、ずーと時間が過ぎてから、
お役にたてる事があるのでしょうか?
「こんなとき美術が出来ることは?」
なんてお題の質問(チェーンメールか?)が、
震災後に巡り巡って舞い込んできてましたが。
そんなもん、無いでしょう。
答えは「無し。」でしょう?
要らないでしょうこんなとき美術は。
「こんなとき自分に出来ることは?」
なんて多くのヒトが感じてるようですが、
自分が、私が、俺がオレがおれが!
なんて多くのヒトが感じてるようですが、
ワタクシは、こんなときなんも出来ません。
こんなとき力が発揮出来るんなら美術なんかやってません。
オロオロしながら、テレビに長時間はり付いてるのがオチ。
2週間テレビばっか見て、なんか調子くずしてるのがオチ。
節電しろといわれても、常に節電生活。これ以上は無理。
水を買う習慣が無いので、水道から出る水を信じるしか無い。
街頭募金はビミョーです。
立つ側を何度かやったことがあるのでビミョーです。
お金入れないと、わるいヒトみたいでビミョーです。
まとまった金額を、確かなところに振り込みましょう。
どっさり募金するヒト。
どっさり買い込むヒト。
西日本に避難するヒト。
国外に脱出するヒト。
オロオロしながら、テレビに長時間はり付いてるヒト。
ワタクシは、こんなときなんも出来ませんから、
いつもと同じようにしてるしかないのです。
いつもと同じようにしていただけなのに、
トイレットペーパーが無くなってしまって、
ドキドキしなから探しまわるしかないのです。近所のドラッグストアの裏にツクシが生える空き地があって、
数年前コンクリートで固められてしまったのだけれども
トイレットペーパー探すときに通ったら、
舗装の隙間から、逞しく、どっさり生え出てきてました!
無理矢理ちょっとイイ話にもっていったね、、、
でもキモチがちょっとほころんだのは確か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA