Flat faces

30年以上昔にボクが通いつめた雑木林はいつのまにやら杉林。なつかしのクヌギの木はすでに腐った切り株。

でも嗅ぎ覚えのある甘い香りと飛び回るスズメバチを追いかけ、数メートル斜面を這い上ってしまう四十代。現実のような夢の中のような。。。hirata02杉の中に数本残った細いクヌギに、ときめくほど何匹も引っ付いてました。平たいヒラタの大小オスメスがポツポツと(メスは実際のところ何クワガタだか分からんけども)。子供の頃見た夢の中の光景。。。 “Flat faces” の続きを読む

Wooden base

zaimoku05木部の基礎部分を組んで全体の大きさを確認。

2メートル四方なのでたいしたことないと思っていましたが、なかなかしっかりした大きさです。重さもすでにひとりでは起せない。。。

ひとり作りの限界はこの辺までの大きさですね。

Gauge

jiguかっこいい治具(ジグ)を作って、同じ長さの切り出しを効率的に進めます。間違えないように余った数字シールで寸法を入れ、単純作業の気分を盛り上げます。