Asian walnut

いらなくなった床材サンプルをイロイロいただいております。
なかでも、見た目が濃いめ、持ったら重め、木目が詰まっため?
なヤツは、よろこんで引き取ってまいります。
だいたいこうゆう黒っぽいのは高級材と相場は決まってますが、
だいたいこうゆう黒っぽいのは固くて加工が大変。
こんかいのこヤツ。
ただし書きにはインディアンローレル、
カッコして(アジアンウォールナット)
黄色人種地帯の木であることは間違いなさそうですが、
聞いたこと無い気になる木なので、切り抜いてみました。かっ固い!糸ノコさんの歯が、、、しっしかも!
つづきは


ちょっ、ちょとクサい、臭ッサ〜!てんじゃないんだけど、、、ちとニオう。なんか、、、うまそうな匂いではナイ。す、すこし、ほんの少しあなたニオイますよ、、、ぐらい。
見た目は、ブラックウォールナット(ココアケーキみたいなイイ香り)もしくは、ローズウッド(名前に違わず高級なローズアロマ〜な香り)って感じで重量感もあり、とっても高級感なんですが、ニオいで違いがわかります。
イイ香りの木に比べるとほんのちょっとニオうってだけで何の問題もないし、小さく切ってもしっかりした重さがあるので、ミニカーでもつくろうと思って、、、
糸ノコの歯が在庫切れで、結局中断中。
この木について詳しいことお分かりの方、教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA