Ball valves

こういうの作りました。
プラント(工場、発電所、設備)とかの配管によく引っ付いてるヤツです。
もちろんホンモノじゃナイ。
金属の鋳物なんかじゃナイ。
完全手作り工作。
見た目だけのハリボテ!
見せかけだけを追いかける工作室の真骨頂っス!
つづきは


撮影用に作ってほしいとの依頼でしたので、見た目だけ重視。
超ビジュアル系のお仕事です。
そんなん、本物使えばいいじゃ〜ん?と思ったのですが、本物は何十キロの重さで、
かなりのデカさみたいですね。撮影時に取り回し出来ませんわな。
てことで、しぼりにしぼったご予算からさらにしぼりだしてワタクシに分配されるそうなので、材料はすべて余り物でいきます。
まずは図面などナイので写真から適当にプロポーションを割り出して、型紙を作って端材に張り付け切り取ります。
本当は全部、発泡ウレタン材で作っちゃうのが早いんですが、材料余ってるし、糸ノコの切り抜き練習も兼ねるってことで、木材多用。完全にオーバースペックです。求められていない品質めざしてまっしぐら。
さらに、錆びる部分は一切ナイのにこれまた不良在庫の錆び止め材を塗りたくって、求められていない本物っぽさを強くアピール!
最後は、銀スプレーでシュシュっとやろうと思ったら、在庫が無かったので、ポスターカラー筆塗り三回重ねで、手間と重量感アップ!いや〜お手数かけすぎただけあって本物っぽい。
おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA