LC2

時代は、もっぱらひきこもり。

もともとこもっていたけれど、さらにこもって、デジタル禍を強化。

とても手がかかる。が、同じもの3つとかになるとやはりデジタル禍。

メーカーから仕入れた画像用データを立体用に加工。とても手がかかる。

サポート材から取り外したり、組み立てたり塗装したりは従来通り人力です。

From1st

改装物件のかんたんな空箱模型を作ってくれるひと紹介して、とご近所の友人から連絡がありました。

話を聞くと、物件もご近所。ちょうど暇だったから自己紹介して作りました。

現地調査はめったにしないのに、ご近所だから散歩がてら見に行ってしまい、細かいところまで見てしまい、でもかんたんに。

でも、なかなかの高低差。

SUNTORY Hakushu

サントリー天然水 南アルプス白州工場 見学施設内に、デザインと制作の監修をした模型を納品しました。幅4.7m、高さ1.2m、奥行2m。プロジェクションマッピング用の大きな山、第二弾です。2年前に作った奥大山ブナの森工場に比べ、縮尺は倍になり範囲も拡大。等高線無しのスムースバージョン。

前回手伝っていただいた老舗造形屋さんとタッグを組んでの制作・搬入・設置。エレベーターに入るギリギリサイズで制作し、現場で一体化させるのはなかなかの作業量。しかしそこは安心確実な技術力。前回と比べ物にならないほどスムースに完了しました。
人気の工場見学。首都圏からのアクセスも良いので是非行ってみてくださいね。(※写真では作業のため山に上ってますが、実際は見るだけです!)

Digital carving

高級切削機の予約期限までに精密なデータが間に合わず、少し荒いデータで削り出し。あとは人力で仕上げていきます。
それにしてもデータどおり指示どおり。ある程度のエッジは消えると予想したけど、拡大したらくっきり見えてくる。細かいポリゴンが全部でた!全部いらない。。。仕上げていきます。