Cutting of the glass

今回のお題はガラスを切る!
ガラスで手を切る!のは簡単ですが、ガラスを手で切る!のは相当大変です。
真っ平らな板ガラスの直線カットなら、ガラスカッターってので、シャーっとキズを入れてパンッとカラテチョプ(古い!)で真っ二つになるけれど、コンナの(しょうゆ入れのビン)↑の底をカットするなんてのはどうでしょう?
以前、一階のガラス屋さんがオーナーというビルの四階に入居してまして、「ども〜ごぶさたでーす。ちょっと切ってもらえませんか〜?」なんてお願いしに、、、とも思ったのですが、そのガラス屋さんの三代目、並ではナイので、そんなヤボ用では近づけない、、、四代目は現場に行ってるし、、、プロに頼むほどの事ではありませんし、、、
たまたま持ってたコッピングソー(糸ノコ)の替え刃に、ガラス・タイル用ダイヤモンド刃、ってのがありました。ちょっとお高いのですが、試してみる価値はありそうって事で、いざチャレンジ!
つづきは


水をつけながら、なでるように、やさしくシャーシャーやっておりますと!
ナント!切れてる!というより削れていく!
ビンの底をカットするまでに軽く小一時間、じっくり慎重にやりましたところ結構きれいに安全に切り取る事ができました。
やってみるもんだ!ガラスって切れるんだね〜
切り口はさすがに鋭いので、100円ショップで300円で売ってた高級ダイヤモンドやすりってのでシャリシャリ丁寧に仕上げたら、またまた結構きれいに安全に削れました〜。
やっぱダイヤモンドだね〜!
ひっくり返して一昨年作った照明器具の傘に、、、
実は、解体しないと電球が替えられなかったもんですから、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA