Figure

数字をカッコ良く見せたい!というネライをネラッてネリネリと、ずいぶん長い期間考えてました。
シャシャッと一気にフリーハンドで書く。
出力したフォントを下敷きにして丁寧に彫る。
プリっと盛り上げて浮き出たようにする。
彫ったところを埋め込んで象嵌する。
くりぬいて裏から光らせる。
それから、えーっと、ほかにはー、えー、
なんて考えてばかりの時は、考える事を考えて、考えすぎて疲れて考えるのをヤメて、、、一向に前進しません。


頼まれ仕事ではなく自分用なので、全く考えるのをヤメて思いつく事も無くなって何ヶ月も保留にしてました。
すっかりそんな事は忘れて、頼まれ仕事をしてまして、余った材料を片付けているときに、ピロリーンってひらめいて一気に出来ちゃいました。

細い真鍮を曲げて作ってます。始めと終わりのところに余分な棒を余らして折り曲げておいて、付けたいところに穴あけて差し込みます(意味わかんないかな?まあいいか)。
3が異常に多いですが、30~39までの数字を2セット作るとこうなります。意味わかんなくてもなんかカッコ良くない?この数字?ってところをネラってます(どこネラってるかわかんない?)。
さらに、なんで30~39かってところがわかんないってことになると思うんですが、ちょっと長い話になる割に、結局たいした意味ナシ話でして、結局よくわかんないってことになるので今日はこのへんで、ではまた〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA