Jump the light

「白い信号機 – White traffic light」高さ140cm

夜勤というものには仮眠がつきものです。人間は夜行性の動物にはなりきれないのだと思います。
仮眠といいつつ爆睡してしまうボクは、猛烈なイビキをかきます。自分の吸排気音に眠りを妨げられることもしばしば。どこの改造車よ?うるせえなあ。あれっオレのイビキ?ってなかんじ。
深夜の爆音は迷惑なので一時帰宅して、仮眠といいつつ爆睡してしまうボクは、早朝に飛び起きて国道を走ります。眠いので安全第一。しばしば国産高級スポーツカーにムリな追い越しをしかけられます。いつもおなじ野郎。
とにかくまえへ前へ。もっともっと先へ。


どうせ信号待ちでひっかかるだろと思いきや。ふつうに反対車線を通り、先頭車両の脇をすり抜け、そのまま野太い排気音で加速して去りゆきます。信号の色など関係ナシ。いつもおなじ野郎。
最初は驚いたが、くり返し遭遇しているうちに気にならなくなった。あっまた来た!先どうぞ〜ってなかんじ。
ボクは毎日ではないのによく見かけるってことは、野郎真面目に毎日決まった時間に出勤してるんだろうな。こんなに早朝に…いつも急いで…新聞、牛乳、パン、豆腐、いったい何屋だ?
いろんなヒトがいるけれど、どうにもこうにも理解し合えないことがいろいろあるものです。

コレ作った頃は野郎には出会っていなかったけど…
…いろんなヒトがいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA