Lop ear

ワタクシ、イヌは何匹も面倒を見ていた(多頭飼いしていた家に居候していた)ので問題ナイと確信していたのだけれども、ネコが布団に潜入してきたら(多頭飼いしていた家に居候していた)、目がカユくなったり鼻水タレてきたりで、絶対ネコアレルギーだと確信しておりました。
で、このたびのアレルギー診断。
アレルギー基本セットに入っていない”家兎(かと)”と”オオアワガエリ”の二つを特別注文しました。
そうなのです!
家畜ウサギが我が家に仲間入り!ちなみに、オオアワガエリってのは別名チモシーと呼ばれるエサ用の牧草です。コノ草にもアレルギー反応が出ることが多いそうです。
で、このたびのアレルギー診断結果。
動物アレルギー全くナシ!
えっなんで?ネコもナシか?と拍子抜けでしたが、ハウスダストとダニのアレルギーのみ反応が出て、イヌもネコも家兎も牧草も全く反応ナシ。この呼吸困難を引き起こす犯人(犯兎)はヤツではナイのか!家畜の毛ボコリはハウスダストではナイのか?
最近流行のゼンソクは、お疲れ現代人がスグかかる病気だそうです。真犯人はワタクシ自身?
で、話は家畜に戻って、ウチのウサギ。齧歯類(げっしるい)が苦手なワタクシが、お金を支払ってまで連れ帰ったニューカマー。
だって、ウサギに見えないんですもの、見た事ナイ生き物だったんですもの!カピバラのヒナか?


大人になったらイヌを飼うものだと全く疑わずに生きてきましたが、どうにもこうにもなかなかそんなご身分になれず(イヌは手間もお金もかかりますからネェ)、ネコなら比較的お手軽ですが、野良ネコだらけで迷惑被ってるウチがわざわざ飼うなんてネェ、、、しかも強烈ネコアレルギーな家族も居りますし、、、
そこで夏の終わりに突如候補にあがったウサギ。ワタクシ以外の家族はみんなスキ!しかも知人(のお兄様)が“うさぎ専門店”を経営しているとのこと!
えっ、うさぎ屋って何?小学校用の専門業者?それとも食用卸し?
なんてウサギをペットとして飼うという発想が皆無だったワタクシ。とりあえず知人(のお兄様)のお店だし、ブリーダーってのはあこがれの職業だし、血統があるとかいうし、見せてもらいに行ってみよ〜!なんて、見学のつもりが、、、ホーランド・ロップイヤー(垂れ耳)という高級品種です(まったく知らんかったけど…)。しかし、大きくなってしまっていたので良心価格(&エサまでオマケしてもらい…)。
頭を撫でてくれ〜とすり寄ってくるイヌみたいな態度、タヌキみたいな色、垂れた耳、すべてがウサギらしくなく、、、お持ち帰り。
しばらくはウサギネタか?来年の干支だし、、、つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA