Mighty Mouse

やらなくちゃならん事があるんだけど、なかなかウマく進まない。
そんなこんなでウダウダしてたら、、、
コンピュータまでウダウダしはじめて、、、
とうとうほとんど言う事を聞かない(効かない?)状態に。
手の(指の?)全く届かないところでウダウダするブラックボックスが非常に苦手なんで、ウダウダにならないよう、年に一度は必要そうなファイルだけバックアップとって、後はきれいさっぱり消去して新品状態のシステムに戻すという習慣だったんだけれども、この二年はそんなどころでなくウダウダのウジャウジャ、ちょっと大きな画像なんて、これ以上取り込めませんって表示がでるくらいメモリもイッパイイッパイ。
進まない事はどうせススマナイんでココいらで一休み。
ファイルを超整理して、外付けハードにバックアップとって、システムを入れ替え、、、れれれ?入れ替わらない、、、というかDVD読み込まないし、、、れれれ?もうすっかりシステムなんて立ち上がらなくなってるし、、、
バ、バックアップとれてんのかも確認できん。
し、し、しんじられん。この数ヶ月のデータ全くバックアップとってない。。。ワタクシの夏は消えたの?
なんてことで、本気で泣きそうになりながらの三日間。
脳が半分マヒした状態で格闘して!黄泉がえりました。ホントヨカッタ(涙)。


しかも三年前からアップデートなんて全くしなかったので、もう勢いで可能な限りのアップデートをしたら、サイコ〜!っす。
今月に入っての末期状態では、立ち上がるまでに一分くらいかかるという十年前のモデルのごときノロマだったのに、は、はやい!やるなLeopard!雪ヒョウじゃないけど、、、もうバージョンアップは必要ないぞ、やめてねリンゴ。
ごっきげんになったので、本体をきれいに水拭きして、勢いついでに超ストレスの原因だったアップル純正、マイティマウスのクリクリ(コロコロ)部分の修理を開始。分解しないで修理するとてもよい情報はネットに出てましたが、ウチのはもうタマが陥没して、無理しないと動かないくらいキテるので迷わず分解。ダメならタマは捨ててしまう覚悟。接着されてるような部分もバッキバキ外します。ウチのタマっころ周辺はおぞましいほどの不純物をまきこみ完全ロック!分解清掃したら、タマをささえるチビ金具が折れてた(写真、タマの下)ので瞬間接着!したけどすぐにポキっ。
しかしメゲズにハンダ付けして復活させました。快〜調!
またもイラん事に時間をつかってしまったが、超満足。
なんだかココロに余裕がでてきて、キーボードカバーまで新調!(汚れ作業中の手で触るので必須。そんなだからどうせまたタマは詰まる。)
新しいコンピュータ買い替えたみたいでキーを打つ手も弾みます。
以上、まったくオススメしない作業でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA