Big scale stady

今年度のムサビ模型教室は「空間表現課題の模型制作」というむずかしそうなのと並行して開催されました。

コンクリ表現に挑む生徒さんが多数見受けられ、モルタルは重いし固まんないよぉ石膏でもこんな風になるぉのサンプルとして持って行こうかなぁと思って倉庫からひっぱり出してみた試作品。。。

思ってたより大きな高さ70センチ。
運ぶ気力完全失せました。
作るのとても大変でした。
出番がナイのにイナバ物置の一画を占領。

大きいことは良いことなのか。。。
大きめ在庫はそろそろ一掃しなければ。。。

Demolish the Kousakushitsu

自転車置き場を拡張した作業小屋「マイツキ工作室」。10年の現役生活を終え解体となりました。この先どこで作業すればよいのやら。。。

まずは次の作品用に床と壁のコンパネをはぎ取ります。もう戻せません。先のことは、すべてが終わったら考えましょう。深く考えず目先のことだけ。。。

はぎ取ったコンパネだけでは全く足りないのでさらに新品を15枚追加。コンクリート用の型枠をどんどん作っていきます。生コン屋さんには1.5立米を注文済み。重さにすると3t越え。もうどこにも戻れません。戻せません。

工作室は無くなってしまったけど、「マイツキコウサク」として次の10年頑張りたいと思います。が、どこで作業すればよいのやら。。。

Bird cage

秋に出展する屋外彫刻。天辺部分の鳥かご風。
入選模型は、一発勝負で真鍮をハンダ付けした気合が感じられます。文字と風車は塩ビ板。

入選後、もう一度作った模型。じっくり考えて作ったわりには、ちょっとユルい雰囲気に。。。鳥かご部分はすべて真鍮製。

10倍サイズにした実物大の方位文字。真鍮棒にスチレン材の抜き型、セメント流し込み、すべて在庫の材料でまかないます。

銅とか真鍮で全部作ると結構かかるけど、鉄で作れば10万もかから無いよ〜。と老舗造形屋さんからのアドバイス。しかし、ココにつぎ込むコストはその1/10。ほとんど在庫の材料でまかなうのです。