Danchi blues

すでにキモチに区切りがついてしまった展覧会シリーズ。
とりあえずイチバンの大物”apartment complex”
いわゆる普通の「団地」デス。ちょっと、、、遅すぎたようですダンチは、、、
しかし、今回制作した品々の発想の元なんです。ダンチは、、、
すべてはダンチから始まった団地周辺がテーマなんです。
何年も前、イヤ、十何年前から、エレベータ無し四階住宅を、型取り量産するとイイかも?と構想を練っていたのですが、、、なんか団地周辺が騒がしいなんて思ってるうちに、すっかり団地といえば「住宅都市整理公団」だそうです。去年出たこの本なんて完全に内容がかぶってました。
無念。
というか、勉強不足でした。
知らなかったんです。
団地のブームがそんなに盛り上がってたなんて、、、勉強不足でした。
しかも!住宅都市整理公団の総裁という方は、、、

“Danchi blues” の続きを読む

Tinplate chair

いつもお世話になってる、タナカデザイン田中さま設計の椅子、写真の左隅、黒い扇風機とミシンの間にある銀の、それっ、そのブリキのヤツです。
あれっ、見えない?見えヅライ?もっとイイ写真なかったんかい!って?
ナイからこの写真なんです。昨年末お世話になったホームスパンショールームにプロトタイプが一脚写ってました。よーく見てると見えたでしょ?黒のじゃナイよ銀のパイプの、見えない?ダメ? 
まあいいでしょう!これの五分の一サイズを受注いたしました。実物は直径25.4mmのブリキパイプ曲げ、五分の一なら約5mmの棒ですネ。
簡単そうでムズカシイ。五ミリのプラ棒を柔らかくして曲げるか?金物でいくか?
シンプルなモノってキレイに作らないとアラが目立つので、キッチリカッチリ図面通りにいきたいところです。
実物の素材はこんな感じ。プラ棒曲げは熱すれば簡単にグニャーと曲がるのですが、シマリのない感じになっちゃいました。さらに曲がってるとこの太さが微妙に変わってんだよな〜(ヘタなだけか?)ってことは、金物? 直径五ミリでワタクシごときが曲げられる金属っていうと、銅かアルミだな〜
銅のハンダ付けでいっかな〜
さてどうする?
つづきは

“Tinplate chair” の続きを読む

Complicated jungle

ネタが尽きないと思われた展覧会シリーズ。ずいぶん記憶から遠のいてきたような。全てを紹介するには、気力が尽きてきたような。。。
しかしめげずに、今回は「ジャングルジム」のご紹介。地味ながら結構人気の品だったんです。フレーム部分をやっと組み上げての感想は以前記載してましたので、そちらを見ていただけたらと思います。地味ながら作業の細かさはイチバンだったような、、、記憶が甦ってきたような。。。
つづきは

“Complicated jungle” の続きを読む