Cabin final

labo01トビラ無しの作業場でこの冬どう過ごしてんの?なんて心配の声が届いておりましたが、積雪前に小屋は完成しておりました。ギリギリセーフ!格好よくなったね〜よかったね〜念願のバンドソーも新調。床の黄色に合わせました。ビジュアル重視。


糸ノコ盤より遥かに安い価格がちょっと不安な、オーストラリアメーカー(らしい)の中国製。はじめて円高を実感。

一般的にバンドソーは14インチ(上下の車輪で帯ノコがグルグル回る構造なので、その車輪の大きさで呼ぶようです)が標準らしいんだけど、マニアック(なのか?)に12インチです。
ちょっと小さめが好き(電動工具は大は小を兼ねるけど…)って理由もあるけど、これ以上大きいのは天井が低いので入らないってだけ(もちろん価格も低い)。超ギリで入ってます。小さくても器械の重さ80kg。キケンなので決してひとりでは組み立てないで下さい!って注意書き。もちろんひとりで組み立てましたよ、お手伝いいないもん。イイ歳してよくないね〜オッサンってヒトの言う事聞かないよね。

ついでに作業台も新調!スウェーデンの有名メーカー。箱にはやはり青と黄色、オシャレ。憧れの品だったのに…スッカリお手軽価格に…

こだわり手作り木工ではよく、まずは作業台の手作りから!なんて紹介してますが、時間もお金も余裕があるヒト向けだと思います。
日曜大工で材料そろえて加工して組み立ててたらいつまでかかるやら?(バラで材料なんて買ってるとけっこう膨らむし)作業台がスウェーデン製だしバンドソーは黄色と黒ってことで、小屋の外装は黒にしてスッカリ北欧風気取り。
もしやIKEAっぽくなってしまったのか?(悪い意味で?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA