handle of MANAITA-02

前回のつづき。焼き鈍し(なまし)です。
適度に(ちょっと放っておいたら真っ黒け)焼けたら取り出して冷まします。アッツいのを火箸でつかんで、水につけてジュ〜ってやっちゃってもOKです。(ホント?こんなやり方でよかったっけ?)
鉄でコンナ事すると、カッキンカッキンに固くなって(ヤキが入って)しまいます。柔らかく腰砕けになってしまったところを、両手でつかんで一気に、グッ!と曲げます。曲がり具合は出来たとこ勝負!
つづきは


さらに両端をペンチでつかんでグッ!グッ!と曲げます。
全行程手作業の為、繊細なワタクシのおて手にはお豆が現れてきます。
ひらがなの「ひ」の字になったところで休憩。ミミズがひひひひひ、、、ってなってる。
こ、、こんなのを晴れの日に?
出来たミミズ君を一匹ずつアンビル(金床)に乗っけてカンカンカンカン、鍛冶屋さんのはじまりです。
さ〜てどんな形になるんでしょうか?
って見たまんまの形ですが、、、
全部で60匹、
おさえた予算で、
おさえた手間で、
オリジナ〜ルなヤツを。
長くなったので、またつづきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA