Model classroom

今月はコウサク室アネックス。
模型教室の指導員にナリスマシてまいりました。
生徒さんは設計事務所に研修にいらっしゃってる学生さん達。
皆さん現役美大生なので、キホン的にキヨウ!
まずはスチレンボードで、縮尺1/10の無印家具を制作。
たとえ脚が若干歪んでも、塗装がデロデロってなろうとも、写真に撮ってしまえばソレナリにナカナカ。
しかし、ココでふつうにオワリではコウサク室長の名がすたる。
アレンジしちゃいましょう!トッピング加えちゃいましょう!
つづきは


設計に興味を持ったのは、幼少期の“シルバニアファミリー”とおっしゃる女子美大生のお嬢さんの意見を取り入れ、カントリームード演出のため、フワフワ素材の芝生シート(不良在庫)を採用。
さらに、「模型の木ってどうやって作んのよ?」という声に真摯にお答えし、“電気コード皮むきの木”も制作。
で、ドッキングワタクシの意見に「えっ?ココに?」「えええっ!」なんて動揺しながらも、そこはマジメな学生さん、助言をそのまんま採用してススメていかれます。テーマは超流行りの”エコ”。天然素材はほとんど使っておりません。
最終的に、ほぼワタクシの作品状態。でもとても気に入っていただけた様子。
コウサク室、来期からはコッチの方向性でいくしかないな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA