Renewal site !

そろそろ終焉になってまいりましたコマギレ展覧会報告。
まとまりが無く全体像がつかめないものとなってしまったので、
マイツキサイトを作ってくれたリカさん(自前サイト完成させろ!)
に、展覧会情報を追加していただきました。サンキュー
題名は「マイトシコウサク」
ホームページの表題がナニゲ〜に一行増えてます。
マイトシ、毎年?ってことは今年もヤルのか〜?
もうヤメとくか。。。
とりあえず昨年の報告のつづきにもどります。
イチバン地味なサクヒン。
「鉄棒」です。英訳 [Horizontal bar] で、いいんでしょうか?
欧米人って小学校で逆上がり出来るまでヤラされんでしょうか?
会場のココにジミ〜に設置してました。



公園の山?富士山? [Playground hill] です。
ヒルですなヒル、マウンテンてほどの山じゃないですから。
これまた地味メな作品の側に寄り添って、低く小さく設置しました。
分かります?イスの背ミタイな感じで、ほとんどカモフラージュ。
お山の方は、地域によってイロイロ呼び名があるようです。全くコンナの記憶に無いって方もいらっしゃいましたが、ワタクシの通った小学校にはありました。マンモス小学校で敷地が広かったので、校庭なのか隣の団地なのかビミョウな位置にあり、頂上からイロイロ危険なモノたちが滑り落ちてくるデンジャラスゾーンでした。
滑り落ちた先は砂場になっているってパターンは全国共通のようです。クッションの役目でしょうね。ワタクシも今回、真っ白な砂を枯山水のごとく下に敷きました。
東北出身のデザイナーさんは、地元で「ワンパク山」と呼んでたそうです。お国柄、冬場には斜面が凍結して、デンジャラスゾーンならぬデッドゾーンに達するほどの、スリリングな遊び場だったそうです。真っ白な砂が雪のようにも見えるこの作品(写真撮った後チビッコ荒らしに遭ったので全体が雪化粧)の前で、しばし立ちすくんで故郷に思いをはせていらっしゃる姿が印象的でした。
あ〜展覧会してヨカったのかもな?(ってギモン系かよっ!)
って思えたワンシーンでした。
では、また〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA