Repapering of shoji

年末最後の工作活動。恒例、障子の張り替えです。
二十一世紀になってから七年やってますが、まったくもって上達しない作業です。
朝、障子紙を買いに走り、障子紙付属の説明書を読むところから始めて、夕方暗〜く寒〜くなってきて、何とか完成ってパターン。
ただただ、障子紙をビリビリのバリバリにしてやりたい!って欲求のみに動かされおっぱじめてしまうのです。下半分は磨りガラス仕様の四枚モノなんで、作業は普通の半分なんですが、破る以外は全てメンドウな、、、
出来上がりは。。。


な〜んだ明るいうちに出来てんじゃん、ってお思いの方、コレ翌日の写真です。当日はダメだこりゃやり直しか?ってくらいブヨブヨ仕上げです。説明書には乾けばすぐにパリっと張りが出る!なんて書いてありますが、ウチでは数ヶ月間ビロビロってしてます。
上達しない作業工程に加え、二年目に枠をお洒落に白く塗ったら、糊のノリが非常に悪くなり、さらに毎年大量に余る糊を使い回しで何年間も使ってる、、、なんて原因を全く改善しようとしないせいなのでしょうが、まあど〜せ来年張り替えるし〜梅雨明けころには張りが出るし〜(半年経ってるけど)なんて言い訳をしながら作業終了、そば食って年越しです。
では、良いお年を〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA