Small birth

アトリエ前庭に何年も前から、極小の実を、少量だけ付けるイチゴが生えてます。今年はナントカして大きな実を収穫しようじゃないか!と張り切ってテコ入れして植え替えてはみたものの、、、


量は少し増えたようなのですが、いかんせん直径1センチ強です。甘かったりすっぱかったりイチゴ味なのですが、いかんせん小さすぎて食べた気がしません。見た目は、いかんせんヘビイチゴだし。
なぜなぜどうして? 2月くらいのさぶい時期から仕込んで世話してやったのに、裏切りモン。
失敗したので、やっと学ぶ気になりました。調べました。育て方間違ってませんでした。
根本(こんぽん)が違ってました。根っこじゃないですが苗がいけませんでした。
イチゴって図のように、ビヨーんとランナーてのを伸ばしてその先にチビ苗ができます。そのビヨーんの先のチビ苗のそのまた先、ビヨーンの先のビヨーンてなった先、次男坊以降のチビ苗を育てていくんだそうですよ。そんなん知らんワ〜
ワタクシ、ビヨーんての全部ちょん切って、古株だけ育ててました。
「古い船をいま動かせるのは〜古い水夫じゃないだろう〜」と、吉田拓郎の歌声がどこからか聞こえてくるようです。古い!
来年こそ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA