The tire for me vol.1

タイヤについて、ボクの場合。
ワ・タ・ク・シ・的にはどうなの?なんてかるく一言からかわれてからすっかり機嫌を損ねたので、五月からは不自然な一人称を改め、ふつうに「ボク」を名乗ることにしました。
高校生までは「ワシ」と名乗ってましたが何か?
で、ボクはすっかりタイヤばかり作ってます。
クルマ好きバイク好きから始まって、最近は自転車もイイねとはなってますが、特別にタイヤ(車輪)そのものを偏愛していたワケでは無いです。三輪車も気になります。一輪車には乗れません。
で、まだタイヤ作ってます。いや、まだまだタイヤ作ります。

ことの始まりはウチの近所の公園の古タイヤ。(2007年撮影)
何年も前から気になってました。ウチの子がまだ上れないで穴をくぐってた頃からすでに、イイぞコレ、コイツはイイぞ、なんともいえずグッとくるぞ!なんか潔いぞタイヤ五本!
などと子守りそっちのけでアブナイ衝動にかられてしまっていたので、ワタクシ的に、いやボク的には木でいってみるしかないだろう?ってことで彫りました。
2008年の事でした。


墨汁で塗ったらかなりリアル〜!直径15センチくらい。
展示会で並べてもなかなかの好評でしたが、どっかで買ってきたのを引っ付けてるのかと思った!とか、木で彫ったと説明を受けてもゴムのタイヤにみえる!
なんて予想だにしなかったご意見が続出し、感心されているとはいえ、とんだ酷評だなオイオイ、オレの努力は水の泡かい?オイ。
と、オレ様的にビミョーな心持ちとなってしまったボクでした。
そこですっかり挫けてしまっていたのですが、そこはソレ、しつこい、ひつこい性格なんでアレから結局よっけ、ようけ作りましたよホンマ。クルマ一台につきいちいちタイヤ四本。

コレは三月の震災後に作ったヤツ、直径18センチくらい。
先月はもっとデカイの作ったよ。
つづくよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA