Tinplate chair

いつもお世話になってる、タナカデザイン田中さま設計の椅子、写真の左隅、黒い扇風機とミシンの間にある銀の、それっ、そのブリキのヤツです。
あれっ、見えない?見えヅライ?もっとイイ写真なかったんかい!って?
ナイからこの写真なんです。昨年末お世話になったホームスパンショールームにプロトタイプが一脚写ってました。よーく見てると見えたでしょ?黒のじゃナイよ銀のパイプの、見えない?ダメ? 
まあいいでしょう!これの五分の一サイズを受注いたしました。実物は直径25.4mmのブリキパイプ曲げ、五分の一なら約5mmの棒ですネ。
簡単そうでムズカシイ。五ミリのプラ棒を柔らかくして曲げるか?金物でいくか?
シンプルなモノってキレイに作らないとアラが目立つので、キッチリカッチリ図面通りにいきたいところです。
実物の素材はこんな感じ。プラ棒曲げは熱すれば簡単にグニャーと曲がるのですが、シマリのない感じになっちゃいました。さらに曲がってるとこの太さが微妙に変わってんだよな〜(ヘタなだけか?)ってことは、金物? 直径五ミリでワタクシごときが曲げられる金属っていうと、銅かアルミだな〜
銅のハンダ付けでいっかな〜
さてどうする?
つづきは


で、銅の直径五ミリ棒。
そのままじゃ硬いのなんの、コリャ熱してやらねばならんね。
熱して、曲げて、叩いて、固めて、銀ロウ付けして、プライマー吹いて、サフェーサー吹いて、銀色に塗って、
って、そんな職人技持ってナイっす。そんなんで出来てたら工芸品っす。カッコイイに違いないけど、、、塗装しないで銅の素地で緑青仕上げなんてイイね〜!
って、誰も求めてナイっす。
簡単な作り方で片手間で、手ー抜いて作ってネって頼まれてるし。。。
なんてことで、アルミの棒を曲げて、エポキシ接着剤でブチュっと引っ付け、全体をサンドペーパーがけしたら、イイ〜感じになりました。アルミとはいえちょっとした重厚感でプレミアムー!どう?最初の写真左端のヤツ、扇風機の陰にあるヤツ、見えた?そっくりでしょ!大成功ね。
じゃまた〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA