Wooden tires vol.2

展覧会シリーズは続きます。
DM表紙にも登場した、タイヤ”old tires”が三番人気って感じ。
以前、タイヤの制作行程は載せたので、つづきの台座部分です。
木製タイヤを並べて、スタイロフォーム(発砲ウレタン材)で固定して、プラスチック段ボールで囲います。
ここへ石膏を溶いたものを流し込んで固定します。
つづきは



流し込んだ石膏が固まったら、型枠を外し、チョチョっと着色して、サクサクっと組み上げたカッコ良い木脚に乗っければ完成!
一発勝負で固めた緊張感が出てますでしょうか?出来たてホヤホヤで予想以上の出来栄えに満足している時、チョロリとのぞきに来たデザイナー君が、「うぉ〜カッコイイ〜!」と絶賛してくれたので、表紙はコイツで決まりました。
しかし、DMでは気合いを入れ過ぎ、どアップ過ぎたようです。「本物のタイヤにしか見えないので作品の良さが出てませんよー!」との忠告を何人かの尊敬する諸先輩方にいただきました。ナカナカ難しいですね〜納得&反省です。勉強になりました。
印刷に大金注ぎ込んだし。。。涙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA