Complicated jungle

ネタが尽きないと思われた展覧会シリーズ。ずいぶん記憶から遠のいてきたような。全てを紹介するには、気力が尽きてきたような。。。
しかしめげずに、今回は「ジャングルジム」のご紹介。地味ながら結構人気の品だったんです。フレーム部分をやっと組み上げての感想は以前記載してましたので、そちらを見ていただけたらと思います。地味ながら作業の細かさはイチバンだったような、、、記憶が甦ってきたような。。。
つづきは


“Jungle Gym”って本来は”Climbing frame”という器具の商品名だったようです。なのでクライミングフレームって題名にしたほうが、なんか通っぽくてカッコイイなーとは思ったんですが、誰が見てもジャングルジムなんで、やっぱりジャングルジムってことにしました。ジャングルジム、子供の頃好きでなかったです。落っこちそうになって股を打ち付けた記憶があります。その頃から、ジャングルって植物がモッサリ茂ってないとオカシイだろ!ってヘンな難癖をつけて嫌っていた気がします。あっそういえば、すり抜けようとして意味なくオデコを強打して失神しそうになった記憶もあるぞ!イイ思い出ナイぞ!
しか〜し、規則正しく数学っぽい並びのフレームワーク、じっくり見るととても美しいんですよ。実物を写真に撮って机上で研究しようとしましたが、棒がゴチャゴチャしてて何がなんだか分かんなくなるので、
「コッチはこーだろ?で、こうなって、コッチのがこうきて〜」
なんて、子供を遊ばせてるフリをして(コンナご時世オジさんひとりで公園でブツブツいってるとヤバいですから…)、実物をみながら現場で研究を重ねました。したがって並びはかなり正確です。台座も作品の一部ってことが全体のテーマでもありまして、さりげない(なくない?)モザイク柄の木製台にのせました。どんな場所にもフィットするオススメ作品だと自負しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA