Diagonal box

 以前作った、四辺がすぼまった形の箱。 節だらけの杉の無垢材だったので、そうとう歪んでしまっています。作り方が雑だったせいではありますが、2〜3ミリ角がずれてきたりなんかするとさすがに素人目にもアラが目立ちます。
 こまかい作業の職業となると、マイクロメータなんかを使って、0.01ミリの誤差が出ても許されない、いやいやそんなもんじゃない、オレなんて0.001、いやいや、オーレなんて0.0001ミリだぜ〜、、、などと、小学生のオレオレいばり合戦ばりにこまかいお仕事の方々も、ゴマンといらしゃると思います。
 けれどもワタクシ程度では、普段、ミリ単位というか、定規でいうと0.5mm目盛りの半分くらいまでは気にする(気になるだけ)単位という、一般的にはこまかいけれど、工業的にはアマアマ作業をしてましたので、この辺の(どのヘンだ?)甘い精密作業はどこまで許される(誰にだ?)かがどんどんわからなくなってきてます。
 実際、個人的な作業で、どうなるかカタチだけみてみたくて、とにかく立体みてみたい、というだけなので、2ミリや3ミリずれてもイイじゃないか!しかたないじゃないか!そんなにキッチリしたものが必要なら、職人さんにお願いすればイイじゃないか!別にそんなにこだわってキレイにつくる必要ナイじゃないか!と自問自答の日々です。
 で、ひらきなおってつくったら、、、
 ヒドいところは5ミリくらいずれてるよ、トホホ。
 つづきは↓



 文系アタマではとうてい数値化できないカタチですが、見た目コンナのドンナなの?をカタチにする商売(商いになってませんが、、、トホホ。)ですので、コレでイイのです。
 杉板で歪んだので、このたびは桐材です。桐の棚?みたいなのをもらったけど使い道なさそうなので解体して再利用。軽いし柔らかいし、今まで縁のない材だったので初めて利用しましたが、加工しやすくキレイな木目で工作にはピッタリですね。
 
 廃材(サンプル材)ひきつづき受付中ですので、デザイナーさん、職人さん、今後ともよろしくおねがいします!とうとうベニヤくらいしか買わなくなってしまった、、、そういえばベニヤもこの前、展示会現場からもらってきたような、、、
 ちなみにコレが完成というわけではなく、試作品の一部、、、なんですが、とりあえず3つ作って1つはヒドく歪んだけど、2つはなんとか見た目耐えられるので、このままいきます。
 って、ドコへいくのやら〜?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA