handle of MANAITA-01

今回はしっかり写真を撮っておいたので、二回に分けてのご報告。
「結婚式の引き出物用にオリジナルデザインのまな板を作りたいの!」ということで、まずはお話が始まりました。
とはいっても、新郎新婦はデザイナー。
全体の構想はスッカリまとまっておりましたので、
マイツキ工作隊の担当部分は把っ手(とって)のみ。
まぁ制作協力ってことですな。
「把っ手付きまな板にしたい!そこがキモです。キモをすべてお任せします!」
なんておだてられて、大してやった事もない鍛金(たんきん)でいっちゃお〜!と提案したのでアリマシタ。
つづきは


まずは、金属選び。とはいっても、素人が叩いて曲げられるのは銅ぐらいです。アルミはもっと簡単に曲がりますが、銅の方が高級そうだし頑丈だし、
ここはやはりカッパーですCopper、アルミの一円玉に対し、銅は十円玉です。アレも良〜く焼きを入れてからペンチでギューとやるとグニャ〜ってなりますがお金を加工したらいけません。立派な犯罪です。
でもアレを石の上にのっけてカンカンカナヅチで叩いてのばすとビロ〜ンてびっくりするぐらいのびます。
犯罪です。
お縄です。
捕まります。

時効話はその辺にして、
適当な長さに切った銅棒を焼きます。
七輪で焼く必要は全くありませんが、バーナーはガス切れで、バーベキュー用炭は常備してるってことで、ココは趣きのある炭焼きでいきましょう!
焼けたかな?
ま〜だまだ?
な〜んか七色になってイ〜感じ!
コレどこまで焼けばイイんだろ?
その二につづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA