Metalwork

先日のアルミ棒鍛金につづき、インチキ板金真鍮版です。
まずは、0.3ミリ厚の板を丸く切り、一カ所切り欠いてパックマンな形にします。
十五年くらい前に波板を切るために購入した強力バサミ、高価でしたが楽〜に
切れます。


パックマンの口をハンダでチャックしましたら、適当に叩いて菅笠の形にします。
ナンでもナイ形なので、しっかり味がでる様にかなり荒っぽい仕上げにしたら、
ちょっと行き過ぎでグチャグチャっとなっちゃいました。ごまかそうとサンドペーパーかけたらもっとやり過ぎな感じになり、ちょっとイメージと違います。
鍛金やってる工芸家の方が見たら呆れるより怒りをおぼえるようなたたきですが、
元々きっれ〜な形に作りたいわけではないわけなので、これで良しとして結局ペンキで塗りつぶし。とりあえす終了。
でも、やり直すかどうか考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA