Perilla

 もどり梅雨、なんていわれて大雨災害が続いてます。
 ウチも数年前に床上浸水(台所だけ)したので、ほんの少しですが大水被害を経験済み。成す術もなく水位が上がってくる恐怖は忘れられません。
 などと思い出していたら、数日またカンカン照り。
 ウダってしまって昼はそうめんにしとくか〜などと考え、ひさしぶりに畑(外壁のフチ周り、幅20cmの隙間ですが、、、)に向かい(サンダルはいて一歩出るだけですが、、、)、密生しているシソをもぎとりに出てみると!アラアラ穴だらけ、ひどい食害です。
 犯人を捜すぞ!なんて、、、ヤツらぴょんぴょんはねてます。すっごい数。今年は虫多いなやっぱり。
つづきは


 犯人(犯虫)はバッタ、おんぶバッタ、マイトシやられてる常連さんでしたね、すっかり忘れてました。
 去年は仲睦まじい、おんぶスタイルなんぞを撮影してましたが、今回はそれどころじゃない。
 ちびっ子をさそって、バッタ捕り大会!ってことで手伝わせたら、かなりの数を捕獲。昆虫ケースにどんどん入れて、穴だらけのシソもいちおう入れてやって、直射日光に当ててやって、ゆっくり死んでもらいます!と思ったら、 排泄と脱皮を繰り返し、なぜが薄茶色の個体となって元気に育ってます。
 なんで薄茶色になったのか、調べるほど興味がわいてこないので考えないようにしてますが、それよりも、さて、コイツらどうしよう?逃がすとまたヤラれるし(というより毎日捕獲しては補充中)、いきなり殺すのも、、、ちょっと気が引ける。
 そんなとき、見事な解決策が小学校の夏祭りからやってまいりました。
 次回につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA