Tree of vintage


いかがでしょう?イイ味わいの木材でしょう?ワタクシが塗ったんです。
ウマイこと枯れた感じになってるでしょ?
エイジング加工(わざとアンティークっぽくする技法)したんではナイんです。
本当に、エイジングしたんです。
aging
直訳すると、「老化」 です。 


10数年前に住んでた家が、
寂しく色あせた、ブルーのプラスチック波板で囲ってあったんで、
近所の材木屋さんで一番安い杉板を買ってきて、板塀に作り替えたんです。
その後、その家は取り壊しになり、まだキレイだった板塀がもったいないので、
次の住処に移動して、縁側の下の、靴脱ぎスノコとなって使用されておりました。
このたび、展示会の台をいくつか制作することになり、
真っ白のハコだけってんじゃつまらないし、
なんかちょっとカッコイイ素材はないかな〜と思っているところで、
足下のコイツが、目にとまりました。
最初は、ネズミ色でべっとり一回塗りしただけなのに、10年でずいぶん貫禄だした
じゃ〜ないですか!せっせとタワシでこすり洗いしてやると、アラまぁイイお肌!
う〜ん10年ヒト昔、
最近では3年ヒト昔なんて、気持ちをあおってばかりのイヤ〜な風潮ですが、
なんでもない木材だって、じっくり時間をかければ、、、
ナカナカイイんではないかなぁ、、、
と、自分にいい聞かせつつ、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA