Quail

 前回お知らせした、おんぶバッタ被害の審判。
 原告の薄茶色たちの刑はとっくに確定していますが、執行人のワタクシがちょっとモジモジ。死刑制度にウンヌンカンヌン思うところはありますが、今回は陪審員もいないし、しょせん相手は虫ケラ(ケラじゃなくてバッタね)。害虫の駆除は家庭菜園のキホンです。
 普段なら、ココまで話をひっぱる必要もなく自分の手を汚してハイおしまい!というところ、たまたまグッドタイミングで、キュートな助っ人があらわれたのです。
 本業は家禽(かきん)。家畜として飼育されてる鳥類ですね。ニワトリとかアヒルとか。タマゴとられたり、肉体とられたり、ふんだりけったり類のフェザー級(鳥類はみんなフェザーか?)です。
 写真の手がデカイんじゃないです。コイツがチビなんです。ワタクシは手がかなりちっちゃいほうです。こんな華奢な手でもギュッとにぎったら、プチっとつぶれちゃうような、つぶなヤツ。
 キーホルダーについてそうな、このチビ毛玉が今回の仕事人(鳥)。
 ナニモノでしょう?
つづきは

“Quail” の続きを読む

Perilla

 もどり梅雨、なんていわれて大雨災害が続いてます。
 ウチも数年前に床上浸水(台所だけ)したので、ほんの少しですが大水被害を経験済み。成す術もなく水位が上がってくる恐怖は忘れられません。
 などと思い出していたら、数日またカンカン照り。
 ウダってしまって昼はそうめんにしとくか〜などと考え、ひさしぶりに畑(外壁のフチ周り、幅20cmの隙間ですが、、、)に向かい(サンダルはいて一歩出るだけですが、、、)、密生しているシソをもぎとりに出てみると!アラアラ穴だらけ、ひどい食害です。
 犯人を捜すぞ!なんて、、、ヤツらぴょんぴょんはねてます。すっごい数。今年は虫多いなやっぱり。
つづきは

“Perilla” の続きを読む

In the log

前回にひきつづき、現実逃避作業報告。
前回にひきつづき、親戚宅での出来事。
玄関脇にある木(ヒノキ)が大きくなりすぎて、雨樋を詰まらせ、屋根の一部が壊れてしまっていました。幹の直径はかるく30cmを超えてます。高さは電柱くらい?8mくらいでしょうか?植木屋さんにお願いして切り倒していただくと、ウン萬円はお支払いしなくてはいけないでしょう。しかも2本。
そこで、ワタクシがガッテン木こりとして任命されました。
しかし、いくら隣の家から距離があるとはいえ、
「おーい、たーおれーるぞーっい!」
バサ、バサバサ、ドッサ〜ン
なんてスペースはありません。危ないし。
とりあえず二階屋根からハシゴをかけて、屋根上部分を切り落とし、短冊切りにしながら降りてくる。という作戦にしました。
下から見上げたときは、、、
いざ、二階屋根から木にわたってみると、、、
ヤバイ、怖い、屋根から上だけでもかなり高い。ということで、とりあえず屋根の高さくらいまで切り落として限界を感じ、一年間放置してました。
そう。これは去年のハナシ。
で、今シーズン入り、、、晴れて梅雨時に作業再開。
すっかり立ち枯れになってましたが、それでも4mくらいあるヒノキ。せっかくなんで、トーテムポールを彫ってみようとおもったんだけども、一日じゃできそうもないので、とりあえず半分に切り倒し、脚立でとどくようになってからは、こんなかんじで、、、ムンクの叫び?
田園風景にぽつんと立つ一軒家の庭先で、生々しい木肌がかなり異彩をはなってます。(後ろの立ち枯れもう一本が、怪しい雰囲気にさらなる彩りを、、、)
つづきは

“In the log” の続きを読む