In the log

前回にひきつづき、現実逃避作業報告。
前回にひきつづき、親戚宅での出来事。
玄関脇にある木(ヒノキ)が大きくなりすぎて、雨樋を詰まらせ、屋根の一部が壊れてしまっていました。幹の直径はかるく30cmを超えてます。高さは電柱くらい?8mくらいでしょうか?植木屋さんにお願いして切り倒していただくと、ウン萬円はお支払いしなくてはいけないでしょう。しかも2本。
そこで、ワタクシがガッテン木こりとして任命されました。
しかし、いくら隣の家から距離があるとはいえ、
「おーい、たーおれーるぞーっい!」
バサ、バサバサ、ドッサ〜ン
なんてスペースはありません。危ないし。
とりあえず二階屋根からハシゴをかけて、屋根上部分を切り落とし、短冊切りにしながら降りてくる。という作戦にしました。
下から見上げたときは、、、
いざ、二階屋根から木にわたってみると、、、
ヤバイ、怖い、屋根から上だけでもかなり高い。ということで、とりあえず屋根の高さくらいまで切り落として限界を感じ、一年間放置してました。
そう。これは去年のハナシ。
で、今シーズン入り、、、晴れて梅雨時に作業再開。
すっかり立ち枯れになってましたが、それでも4mくらいあるヒノキ。せっかくなんで、トーテムポールを彫ってみようとおもったんだけども、一日じゃできそうもないので、とりあえず半分に切り倒し、脚立でとどくようになってからは、こんなかんじで、、、ムンクの叫び?
田園風景にぽつんと立つ一軒家の庭先で、生々しい木肌がかなり異彩をはなってます。(後ろの立ち枯れもう一本が、怪しい雰囲気にさらなる彩りを、、、)
つづきは


実はオーナーさんはお留守、オッサンひとりで朝の五時からチェーンソー片手にがんばってました。となりやら、むかいやら、うらの田んぼの草刈りにきた近所の方々は、皆みてみない振り。ココだけ異彩をはなってま〜す。
くもり空も手伝って作業がはかどり、お昼にはできちゃいましたが、もちろんこんなものは頼まれていませんので、写真を撮ってすぐに証拠隠滅。根元からキレイに切り倒しました。
後日、ホームセンターで手に入れたお気に入りのタイヤをくっつけて、、、どうでしょう?フリントストーン風味、やってみたかったんです丸太彫り。今回は弱小電動チェーンソーだったんで、次はエンジン付きでいきたいですね。(もう一本はまた来年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA