Washed wood

先日導入の本格的糸ノコ、直線切りは結構難しいです。
真っすぐ切るなら、やはり丸鋸(テーブルソー)なのですが、
近所の方々が、不安を感じるほどのけたたましい騒音を発します。
ということで、
最近はもっぱら替え刃式ノコでの手切り専門です。
上手になると、結構早くきれいに切れます。
ポイントは材料のほうがグラグラしないようしっかり押さえる事。
替え刃式はホントよく切れるので、ノコ引く手のほうは垂直だけ気をつけて、
力まず軽〜くリズムにのって!
プロの大工さんも替え刃式です。
目立てしながら末永く使えるような高級ノコを買っていくのは、
木工が趣味のお金持ちの方しかいないそうです。
なんか複雑。。。
で、替え刃式ノコで切った三つの木っ端。さも意味アリげですが、
つづきは


ただ子供のスタンプ台用に切らされただけのものデシタ。
何でもないものでも三つ並べてナチュラル風な写真をとると、
手芸雑誌の表紙みたい、、、じゃない?最近こういうの多いよね?
背景にみえてるオシャレ引き戸は年始に開けた開かずの間
スタンプ台のコノ木、粉がついててイヤー!とのことで、
洗剤つけてゴシゴシ水洗いしたので、表面がカサカサっとなって更に好ましい感じ!
木材を水洗いするってあんまりイメージにナイですが、身近なところだと
まな板なんて、ゴッシゴシですよね?最近は樹脂製が主流ですが、、、
サザエさん家は絶対木製であってほしいね。
って前振りをしておいて、次回はまな板プロジェクトのご紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA